OS パソコンショップ 雑談

windows10更新の注意点

更新日:

注意してください!どんなパソコンでもWindows10が使える訳ではありません!

 

パソコンを使っていると、自動的に送られてくる『OSの更新情報』

 

大半の場合は一旦パソコンを再起動させたり次のシャットダウン時に自動的に行われる。という手段が取られているのではないでしょうか。

 

実は2015年に発表されたWindows10 このWindows10への移行手段が斬新で、

 

パソコンを使っていると突然ポップアップで「Windows10」に変更しませんか?という誘いのメッセージが画面に表示され、

ここで「はい」を選んでしまうとその瞬間にOSがWindows10に変更されてしまうのです。

 

本当に良く読まないと結構大変なことになります。

 

「最新のOSを使えるんだからいいじゃない」と考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、

残念ながら今使われているパソコン全てがWindows10に対応している訳ではありません。

 

そこで更新が行われてしまうと、なんとパソコンが動かなくなります。

 

電気店の方にも聞きましたが、最近はこの故障(?)が原因で動かないことでの修理依頼が非常に多いようです。

 

まず一番はwindows10は基本的に64bit版です。しかしパソコンは32bitまでしか対応していない機種もある為にこの時点でまず動かなくなります。

 

 

そして、Windows10を動かす為にもある程度のCPU、メモリ等は必要になります。

 

そこまでのスペックがないのに更新しても当然動きません。

 

もしこの状態になってしまった場合、まず「復元ポイント」や「リカバリー」が必要になります。

 

「復元ポイント」はゲームでいう「セーブ」のようなもので、この復元ポイントが作られた時のパソコンの状態までリセットすることが出来ます。

当然Windows10を入れる前の状態にも戻せます。

 

手動で行っていなかったとしても大半は自動で作られているので、復元ポイントでの回復の方法を調べてみてください。

 

それが無い場合は「リカバリー」です。

 

これはパソコンを「工場出荷時の状態」に戻すことが出来ます。

 

しかし中に入っていた写真や動画、保存していたものは全てリセットされてしまうので注意が必要です。

 

しかしもちろん「動かなくなってしまった状態」よりは遥にマシです。

 

それでもダメなら。パソコン専門店や電気店に持ち込んで修理を依頼しますが、ここでの修理は基本的には「リカバリー」か「データを復元して修理」のどちらかです。

 

この相場が「リカバリーだけ」なら2万前後。 「データも復元する」となると3万~位が相場で

かなり前の機種になってしまうと下手すれば中古で買った方が安かったりします。

 

ちなみに自身もWindowsの更新等が理由(だと思う)で電機店に持って行ったところ、「中のデータが破損してしまっている」と診断され修理費に

3万7千円見積もりを出され、

「専門家がいうならしかたないのか…」と諦めましたが、自分でリカバリーしたら2時間ぐらいで普通に使えるようになったw

 

というエピソードがあるのでよければそちらも記事にしておくので見て見てください。

 

スポンサードリンク

-OS, パソコンショップ, 雑談
-, , ,

Copyright© ヤフオクPC , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.